弥生土器や時代についておさらい|縄文土器との違いは? 詳しく学べるおすすめの本も

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次弥生土器とはどんなもの?弥生土器の特徴とは?弥生時代について学べるおすすめの本弥生時代や土器についておさらいしよう土器は粘土をもとに作り上げる素焼きの器のことで、時代ごとに異なる特徴を持っています。それぞれの時期で製法やデザイン等に違いがあります。ここでは弥生(やよい)土器について掘り下げながら、弥生時代についても合わせておさらいしていきましょう。
原の辻(はるのつじ)遺跡の弥生土器(長崎県壱岐市)
弥生土器とはどんなもの?
土器は、古(いにしえ)の時代から日本の暮らしを支えてきました。食べ物の調理や貯蔵において、大切な役割を担い続けてきたのです。
弥生土器は、縄文(じょうもん)土器と並んでよく知られています。しかし、それらの違いについて深く理解していない人も少なくありません。はじめに、弥生時代をおさらいしながら縄文土器との違いを見ていきましょう。
まずは弥生時代をおさらい
弥生時代は、長い歴史を日本独自の考え方で区切った歴史的区分の一つです。西暦で見ると紀元前3世紀頃から紀元後3世紀頃とされています。
弥生時代の最大の特徴は、農耕が発達したことです。狩猟や採集が中心だった社会が次第に姿を変え、農耕が本格的に人々の暮らしを支えるようになりました。日本の米文化の始まりといってもよいでしょう。
吉野ケ里遺跡と米作り(佐賀県神崎郡)
 
当時、中国大陸や朝鮮半島から数多くの

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました