“イヤイヤ”校内研究を “わくわく”校内研究に!~3つの壁への3つの取組~

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
2020年度 第56回 「実践!わたしの教育記録」 特別賞 受賞作全文公開

岐阜県養老町立笠郷小学校教務主任 森 俊郎

1.“イヤイヤ”校内研究の始まり!?

「今年の研究授業の授業者、誰にやってもらえるかな」と、毎年、そんなことが研究主任の頭を悩ませるのではないだろうか。研究授業や公開授業の授業者を決める会議は、重たい雰囲気が漂う。まして、輪番の○○市の△△教育指定校なんて“当たる”と大変!「研究すると学校が荒れる」なんて言葉も耳にする。“イヤイヤ”校内研究の始まりである。

2.“イヤイヤ”校内研究の3つの壁

筆者の着任した学校も例にもれず、“イヤイヤ”雰囲気があった。着任した学校の奥のロッカーには、前年度取り組んだ○○教育指定の名の付いた分厚い研究冊子が置かれてあった。2年後には、「主体的・対話的で深い学び」を研究テーマに掲げた大きな公表会(詳細後出)を控えていた。そんな状況で筆者は着任早々、研究主任となった。とにかく、“イヤイヤ”校内研究をやめたい、子どもを伸ばすことはもちろん、教師も“わくわく”する校内研究にしたいと心から思った。なぜ“イヤイヤ”校内研究になってしまうのか。それは、以下の3つの壁(理由)があると考えた。

“イヤイヤ”校内研究の3つの壁⒜トップダウンの壁⒝束縛の壁⒞根拠「俺」の壁

この3つの壁を打破すべく、着任した

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました