「心の宝箱ノート」で子どもと教師を“つなぐ”

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
第56回2020年度「実践! わたしの教育記録」授業・学級づくり部門 受賞作全文公開

東京創価小学校 高橋正明

はじめに―コロナ禍が招いた関係性の分断ー

2020年2月27日、新型コロナウイルスの感染防止のため、3月2日から小中高の学校の一斉休校を要請すると、当時の首相が表明しました。私の勤務校では、急遽、2月27日に修了式、3月3日に卒業式が行われました。そこから、子どもも教師も、6月の学校再開まで約3カ月にもわたる長い休校期間を経験することになりました。新年度を迎えた4月、子どもたちに新担任が発表されましたが、互いに顔を合わせることができず、双方とも、それぞれのことを全く知れない、分からない状態から新年度が始まったのでした。YouTubeに限定公開の授業動画を配信することが決まり、担任の自己紹介などを収めた動画も配信しました。しかし、それは一方通行のコミュニケーションにすぎません。直接顔も見られず、メッセージのやり取りもできない状態で、不安を覚えた子がいたのではと推測します。今回提案する「心の宝箱ノート」※1は、以上のような関係性の分断の中で、子どもと教師が“つながる”ために考案した実践です。



※1「心の宝箱ノート」は岩瀬直樹氏の「振り返りジャーナル」を参考にしています。

Google Classroomの整備

本校での話し合いの

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました