「情報教育」とは?【知っておきたい教育用語】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
情報教育はコンピュータ教育とは異なり、子どもたちが情報についての知識、活用のしかたなどを幅広く学びます。今日の、そして未来の情報社会を生きていくために、情報教育は必須のものです。

執筆/東京福祉大学専任講師・中園長新



情報教育の本質は情報活用能力を育成すること

情報教育は、「教育の情報化」を構成する側面のひとつです。「教育の情報化」は2000年代後半頃から使われるようになった用語ですが、文部科学省が2010年に発表した『教育の情報化に関する手引』において「情報教育」「教科指導におけるICT活用」「校務の情報化」の3つに整理されました。

この中で情報教育は「子供たちの情報活用能力の育成」を目指す教育として位置づけられ、2020年の『教育の情報化に関する手引(追補版)』ではよりわかりやすく、次の3観点8要素にまとめられています。

情報活用の実践力

課題や目的に応じた情報手段の適切な活用必要な情報の主体的な収集・判断・表現・処理・創造受け手の状況などを踏まえた発信・伝達

情報の科学的な理解

情報活用の基礎となる情報手段の特性の理解情報を適切に扱ったり、自らの情報活用を評価・改善するための基礎的な理論や方法の理解

情報社会に参画する態度

社会生活の中で情報や情報技術が果たしている役割や及ぼしている影響の理解情報のモラルの必

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました