今だから話せるノウハウや経験談【♯三行教育技術】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
疲れがたまっている時、気持ちが少し楽になる技術、初任のころの失敗など、今だから話せる経験談やノウハウを#三行教育技術のツイートから集めてみました。頑張っている先生方の課題解決のためのヒントになりますように。

写真AC


気持ちが少し楽になる技術・提出物は8割で提出・起案で直してもらおう・わからない事は聞く若いときは完璧を求めていました自分で自分の首を絞めていましたミスしたり、指摘されたり、周りを頼った経験が自分の中に「緩やかさ」を生み出しました #三行教育技術 (再投稿)— ふるだて・よしずみ(37)公立小学校教諭 (@YoshiJunF) August 13, 2020


宿題を持ってくるように強く指導するデメリット①朝からクラスの雰囲気最悪②学習は強制されるもの③周りからの嫌な視線④自己肯定感低下⑤注意に時間が取られる⑥マイナスイメージを教師に毎朝印象付ける嫌なことばかりだけど、初任の頃やってました。ほんとに申し訳ない。#三行教育技術— 腹黒教師@心理学×教育技術 (@haraguro_kyoshi) October 10, 2020


【非は認める】教員だって人間だから、間違うこともミスすることもある。そんなときは、子供にきちんと謝る。見苦しい言い訳は絶対にしない。その姿を子供はじっと見ている。信頼できる先生か、ジャッジし

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました