楽しさは、どこにある?①~子どもの声を軸につくる算数の学び~ [教育つれづれ日誌]

塾・教職ニュース
子どもたちが日々の授業に求めているもの。それは、「楽しさ」だ。「楽しくなければ学校ではない!」と、私は思う。では、算数の授業では、その楽しさはどのように実現されるのだろうか。私は、毎年4月に「算数の学習で楽しいと感じる時は、どんな時ですか」と子どもたちに聞く機会を設けてきた。そして、学級がだいぶ慣れてきた11月頃にもう一度同じことを尋ねてきた。そこで得られた声をもとに、考える楽しさを味わわせるために必要なことについて考えたい。
Source: 学びの場

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました