コロナ禍の児童生徒の自殺、過去最多479人 文科省会議

スポンサーリンク
未分類
児童生徒の自殺が後を絶たない中、自殺予防の教育の在り方などについて学識経験者の意見を聞く、文科省の「児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議」が2月15日、オンラインで開かれた。会議ではコロナ禍の中、昨年の児童生徒の自殺が過去最多の479人に上ったことが報告され、出席者からは全ての児童がSOSを出しやすいように学校をサポートし、リスクの高い子供を早期発見する体制づくりが必要だという意見などが出された。

この会議は、児童生徒の自殺が相次ぎ、子供が身近な信頼できる大人にSOSを出せる「SOSの出し方に関する教育」の推進が求められる中、自殺予防教育の在り方について検討するために設置され、学識経験者ら9人が協力者として参加している。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました