〜さまざまな事情を抱える子どもたち〜「CODA(コーダ)」の支援と教育 [教育インタビュー]

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
前編では、18歳未満の介護者を指す「ヤングケアラー」への支援策について、成蹊大学文学部教授の澁谷智子氏に話を伺った。後編では「コーダ」に焦点をあてる。コーダ(CODA)とは「Children of Deaf Adults」の頭字語で、「聞こえない親」をもつ聞こえる子どもたちのことを指す言葉だ。日本社会において、コーダへの認知度はまだまだ低いといわざるをえない。そのため、コーダは親や自分の存在について誰にも相談できず、人知れず悩みを抱えていることがある。コーダ研究の第一人者として知られる澁谷氏に、コーダの特徴や抱えやすい悩み、学校現場でできる支援策などについて話を伺った。
Source: 学びの場

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました