現在完了の継続用法

塾・教職ニュース
中学や高校の英語で、現在完了形を学習します。よく、完了形との違いが分からないといった質問が生徒さんから出る単元です。現在完了形の形は「have(has)+過去分詞」となります。3単現のsについては、hasを使います。否定形については「have(has)+not+過去分詞」となります。短縮形は「haven'T,hasn't」です。この現在完了形の継続用法について、説明をしていきます。継続用法から説明していきます。これは、過去のある時点から現在までの「状態の継続」を表します。代表的な意味は、「今までずっと~である」という意味になります。【状態の継続という考え方】(ア)I have played soccer from fifth grade.私は5年生のときからずっとサッカーをしています。(イ)I am playing soccer now.私は今、サッカーをしています。(ア)の文は「サッカーをしている」ことが習慣化しているという状態を表します。ここで注意が必要なことは、play soccerのplayは、通常は動作を表す動作動詞ですが、(ア)の文では動作が習慣化して「サッカーをする」ということが、そういう習慣を表す状態となっていることです。これは難しいですが、動作動詞でも、習慣化しているものを状態動詞のように扱うことがあります。この(ア)の「ずっとサッカーをしている」というのは、サッ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました