〜さまざまな事情を抱える子どもたち〜「ヤングケアラー」の支援と教育 [教育インタビュー]

塾・教職ニュース
超高齢社会の現代において、家庭内で介護を担う「ヤングケアラー」の存在が注目されている。ヤングケアラーとは、家族にケアを要する人がいるため、家事や家族の世話、介護などを担っている18歳未満の子どものことだ。大人が担うようなケア責任を引き受けているがために、その影響が彼らの日常生活や学校生活にも及んでいることから、一刻も早い支援体制づくりが求められている。ヤングケアラーを調査・研究している成蹊大学文学部教授の澁谷智子氏に、ヤングケアラー支援の現状や、学校教育の現場で求められるヤングケアラー支援などについて伺った。
Source: 学びの場

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました