変わる授業

塾・教職ニュース
 昨日、久しぶりに 中学校社会科(歴史的分野)の授業を参観する機会を得ました。単元は「欧米の進出と日本の開国」(2年生)で、本時は「課題解決」の時間でした。 生徒はホワイトボードを持っていて、自分の意見をそれに書き込み、同じ立場や違う立場の生徒と意見交換をしていました。ワークシートも併用されていて、その記述内容をモニターに映写して、全員に刺激を与える情報として提供されていました。 昭和の時代に授業をしていた私には「ゆる〜い」感じがしましたが、これが生徒個々の思いや考えが尊重された展開なのだと納得しました。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました