学芸会が子ども間の問題を解決へと導いた!【信頼関係を築く特別活動】

塾・教職ニュース
人と信頼関係をつくること、社会にかかわり、よりよくすること、自分のよさを伸ばしていくこと。特別活動で育てようとしているのはこうした力です。子供たちが今後、社会で生きていく上で必要不可欠なものばかりです。杉田洋・國學院大學教授が推薦する、さまざまな学校の「人間関係形成」「社会参画」「自己実現」を育む実践を取り上げていきます。今回は、八丈町立大賀郷小学校の学芸会の実践を紹介します。

監修/國學院大學教授・杉田洋



島の人間関係が密接 大人の見方が子供たちに影響する

八丈富士の中腹にある展望台に立つと、風が心地いい。眼下には八丈島空港と街並みが広がります。「空港の向こうの、あの辺がうちの学校です」と大野寿久校長が教えてくれました。

八丈町立大賀郷小学校(現在は川畑伊豆海校長、児童数は94人)を訪れたのは、2020年3月。肩書きは当時のままとします。 大賀郷小学校は、全学年単学級の小規模校で、2017年度に特別活動の研究を始め、今年度で4年目に入りました。

今回は、昨年度に6年生担任だった島田聡介教諭の実践を紹介します。そのほか、大野校長、教務主任の伊藤優教諭、坂井ゆりか教諭、加藤茂美養護教諭にお話に加わっていただきました。

まず島の様子を聞きます。学校を取り巻く環境や子供の様子はどのようなものなのでしょうか。本校在籍6年になる伊藤教諭はこう話しま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました