消費者教育もデジタル化に対応 推進会議が必要性を確認

未分類
消費者庁は10月19日、消費者教育推進会議の第28回会合を開き、全世代にわたる体系的な消費者教育に関する分科会の取りまとめを了承した。また、会合ではコロナ禍で加速した、社会のデジタル化に対応した消費者教育の検討を進める必要性を確認した。

分科会の取りまとめでは、幼児期から高齢期までの全ての世代で、ライフステージに応じた消費生活の場面ごとに、必要な能力を体系化していく重要性を強調。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました