小学校で習う漢字を少し掘り下げてみる(2)

塾・教職ニュース
さきの投稿で小学校の漢字配当について触れました。今回はその配当の妙について述べてみようと思います。6年間で学習する1026字について、4年生で都道府県の名称を習うことからそこに都道府県名として使用する漢字を集約したわけですが、もともと4年生の漢字が3年生と並んで200字と最も多かったことは実はあながち無関係でもないところがあります。1年生で学習する漢字が80字と少なく、漢数字や画数の少ない漢字が中心であることは察しが付くと思います。では2年生はどうかというと、1年生とは異なる狙いが見えてきます。教室に掲示してある時間割に注目するとよりはっきりします。1年生は入学時点では漢字を全く知らない可能性がありますから、すべての教科についてひらがなで記載されています。ところが2年生になるとふりがなこそ付いてはいるものの、すべての教科について漢字表記に変化します。すなわち、2年生の間に教科で使う漢字はほとんど学習するように配分されており、実際に主要4教科(算数・国語・理科・社会)の8字はすべて2年生で学習する漢字となっています。そして3年生と4年生で学習する漢字をひとわたり習うと、基本的な読み書きについては想像以上にこなせるようになります。一方で5年生で習う漢字は新聞でよく使われるような熟語や用語に関連するものの割合が大きくなり、図書館の「子どもの本棚」の本ではあまり出てこない漢字もたくさん登場

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました