勉強が苦しくなった時に読みたい話

塾・教職ニュース
 「天才」と「秀才」はしばしば対比される。「天才」は生まれながらにして授かった才能やその持ち主、「秀才」は自らの努力によって後天的に獲得した才能やその持ち主を指して使われることが一般的だ。 ところで、辞書を引くと、天才は「生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能。また、そういう才能をもった人。」とあり、秀才は「すぐれた学才。また、その持ち主。」とある。すなわち、秀才が後天的な才能に限定される必要は本来ないが、混乱をさけるため、この記事では慣用的に使われる意味で「天才」と「秀才」の語を用いる。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました