明けの明星ってどんな星? 宵の明星との違いや観測方法を紹介【親子で天体観測】

幼稚園・小学校
明けの明星は、いつでも見えるわけではありません。無駄足を踏んでしまわないよう、明けの明星に関する基礎知識・観測できる時間帯・方角について詳しく知っておきましょう。観測をより楽しくする方法や、金星に関する豆知識も紹介します。
明けの明星とは?
明けの明星とは「金星」の別名です。まずは、この別名が付けられた理由について紹介します。また、「宵の明星」との違いについてもチェックしておきましょう。
夜明け前に見える金星の呼び名
金星が明けの明星と呼ばれるのは、夜明け前からうっすらと空が白んでくる時間帯にかけて、金星がひときわ明るく輝くためです。
空に輝く星のほとんどは「恒星」で、星自身が燃えて輝いています。金星は地球と同じく太陽の周りを回る「惑星」ですから、金星自体は光を放ちません。
金星が輝くのは、太陽の光を反射しているからです。地球に近いだけではなく、表面が分厚い雲に覆われているために光をより反射しやすくなっています。
なお、金星は地球のすぐ内側を回っているので、地球から見て太陽の逆側に金星が来ることはありません。つまり、金星は決して真夜中に見ることのできない星なのです。
宵の明星との違いもチェック
金星には「宵の明星」という呼び名もあります。同じ金星ではありますが、明けの明星とは観測できる時間帯が異なります。宵の明星が見られるのは、夕刻から日が沈んで間もない頃です。
日が沈んで最初に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました