国語の文章問題が苦手な子の克服方法とコツを解説!おすすめドリルやアプリも

幼稚園・小学校
目次国語の文章問題が苦手なのはなぜ?苦手な文章問題を克服するには国語の文章問題の解き方のコツ学年別|文章問題におすすめのドリル文章問題を鍛えるおすすめアプリ文章問題の読解力をあげるために まとめ算数や理科、社会などと違って、国語の文章題だけは点が取れない、苦手だという子どもは、少なくないと思います。この国語の文章題が苦手という子どもは、どうして問題が解けないのでしょうか? そこで今回は国語の文章題の謎について、まとめてみました。
国語の文章問題が苦手なのはなぜ?
子どもの国語の読解力向上については、文部科学省を中心に各自治体、教育界が一丸となって達成しようとしています。その理由の1つには、2003年(平成15年)7月にOECD(経済協力開発機構)が実施した生徒の学習到達度調査があります。
同調査によれば、日本の子どもたちは国際的に見て、読解力がそれほど高くはないのだとか。ちょっと意外ですよね。
読解力とは何なのかという研究がその調査結果の出た後から始まり、具体的に読解力を上げるためのノウハウも打ち出され、各教育現場に落とし込まれました。いわば、その当時の読解力向上に関する情報が、容易に手に入る状態だとも言えます。
まずは、国語の文章問題が苦手だという子どもたちに何が起きているのか、その理由や背景をまとめました。
読書そのものが苦手、文章を読む作業が苦手
OECDの調査結果を受けて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました