時間つぶしでも勉強でもない読書

塾・教職ニュース
通勤電車で、いつも本を読んでいます。電車で読んでいた本を、ふと部屋で読んでみました。あれ?!言葉の入って来方がちがう…電車は揺れるし、ひともたくさんいるし、ガヤガヤしてるし、なにかと落ち着きません。部屋は、静かです。僕は静かな環境で読書をするほうが頭に入ってきやすいみたいです。通勤電車は40分かかるので、どうしても『時間つぶし』や『勉強』みたいな読書になっている気がします。僕はやはり、『興味があるから』『知りたいから』『面白いから』本を読んでいたい。結果、有意義に『時間』が経ち、『勉強』になったら、それに越したことはないくらいがいい。そのためには、本といちばんしっかり向き合える環境で読んだほうがいいなと思いました。よい環境で読むと、著者の声がクリアに、深く聴こえてくる気がするのです。ひとがいちばん記憶するのは、『好きなこと』と『必要なこと』です。だとしたら、もっと読書は好奇心を全開にして、『勉強』から離れた愉しみとしてある方が、うんと豊かな体験になると思うのです。*YouTube登録者1000人を目指しています!【現在220人です】チャンネル登録をよろしくお願いします。こちらから↓https://m.youtube.com/channel/UCyZpLQUfYeFoBKfKhEqYoiA#日記 #写真 #note #読書 #勉強 #暇つぶし #本 #好奇心 #記憶続きをみる
So

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました