満州事変とは? きっかけや原因、満州国の建国、日中戦争への流れをわかりやすく説明【親子で歴史を学ぶ】

幼稚園・小学校
目次満州事変をわかりやすく説明満州事変の背景満州事変のきっかけ、原因傀儡国家、満州国の建国日中戦争への流れ満州事変を知るおすすめの本日本が大きく変わった満州事変日本の歴史の授業で習う、満州事変。この出来事はどんなものなのか、満州事変の背景にあった世界恐慌や日本の情勢、また、満州事変のきっかけや原因について迫ってみましょう。さらに 傀儡国家、満州国の建国、日中戦争までの流れもわかりやすく説明します。加えて、満州事変について詳しく理解するためのおすすめの本もご紹介しましょう。
満州事変をわかりやすく説明
1931年に起きた「満州事変」。「戦(いくさ=193)一発(=1)」「戦(いくさ=193)の始め(=1)」などの語呂合わせで、覚えている方もいるでしょう。
満州事変は、日本軍が満州で南満州鉄道の線路を爆破し、満州を占領した出来事です。これは事実上の満州の植民地化であり、満州国の建国や、さらに日中戦争へつながっていきます。そんな満州事変の背景やきっかけなど、中身について詳しく迫ってみましょう。
そもそも満州とはどこ?
日本で満州と呼ばれる地域は、現在の中国東北部にある遼寧省・吉林省・黒竜江省の3省と、内モンゴル自治区の東部を指します。このあたりが満州国建国の地域で、「満州」というとこの地域全体を指すことが多いでしょう。ちなみに中国では満州国の存在は認めていないため、地域名称としての満州

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました