にんにくの冷凍活用術! 常温保存との違い、保存期間からおすすめ保存食までまるっと解説

幼稚園・小学校
目次にんにくは冷凍保存できる?冷凍保存の正しい方法のポイントにんにくの冷凍保存のやり方冷凍にんにくを美味しく解凍する方法にんにくのおすすめ保存食を紹介一度ですべて使いきることがめったにない、にんにく。使いきれなかったにんにくに困る方も多いのではないでしょうか。このページでは、にんにくの冷凍活用術について詳しくご紹介していきます。
にんにくは冷凍保存できる?
にんにくは5〜6月に収穫時期を迎えます。土の中から掘り起こされたにんにくは瑞々しさを保つ特別な味。その反面すぐにカビを発生させてしまうため、収穫後すぐに乾燥の工程へと入ります。私達の手元に届くにんにくは、ほとんどがこの乾燥の工程を経たものです。にんにくの保存には、どんな環境が必要なのでしょうか。
にんにくはチルド室での保存がおすすめ
にんにくは常温で置いておくと1〜2週間で発芽して栄養が吸われてしまい、干からびてしまいます。にんにくに含まれる水分にはカビも生えやすく、保存には低温、低湿の環境が向いています。皮付きのままペーパータオルか新聞紙に包み、冷凍用保存袋に入れてチルド室で1〜2か月ほどの保存がおすすめです。
少量ずつ使いたい時は冷凍保存で長持ち
にんにくはわずかな量があれば足りることがほとんどで、大量を一度に使うことはまずありません。使い切れない時や、あらかじめ刻んで常備しておきたい時などには冷凍保存が便利です。用途別に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました