小1国語「あつまって はなそう」「どうぞ よろしく」指導アイデア

塾・教職ニュース
教材名:「あつまって はなそう」「どうぞ よろしく」(光村図書 一年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)イ      〔思考力、判断力、表現力等)A(1) ア言語活動:A(2)ア

執筆/茨城大学教育学部附属小学校教諭・菅原慎也編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、茨城県公立小学校校長・橋本浩志

イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、一年生にとって小学校に入学してすぐに出合う国語の学習です。〔知識及び技能〕では「姿勢や口形、発声や発音に注意して話すこと」を、〔思考力、判断力、表現力等〕では「身近なことや経験したことなどから話題を決め、伝え合うために必要な事柄を選ぶこと」を位置付けます。

②言語活動とその特徴

本単元では、新しい友達との出会いを大切に、自分のことを知ってもらったり、相手のことを知ったりすることのできる課題を各教材で設定します。

新しい友達をたくさんつくりたいという気持ちでいっぱいのこの時期の子供たちの思いを大切にして、「自分で名前カードを作り、それを交換しながら自己紹介をし合う」言語活動を設定します。

単元を通して、学級の友達と交流する時間を多く設定することで、相手に気兼ねなく自分のことを伝えられるようにしていきます。

また、自分のことを伝えるだけでなく、友達の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました