#22_英会話を演技する

塾・教職ニュース
私は仕事柄、英文の契約書を扱うこともあるので、ある程度時間を割いて英語を勉強してきたつもりではあります。が、特に会話にはニガテ意識がなかなか消えません。そもそも英語でコミュニケーションがとれるということは、単に英語が話せるということではなく、身振りやしぐさを含め、英語圏の人のやり方に合わせてふるまえる、ということでしょう。それは要するに、一種の演技に似ていると思います。たしかに英語で話すとなると、妙にオーバーアクションになったりして、われながら少し恥ずかしい気も。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました