管理職者必読!コロナ下で子供たちが教えてくれた「集まって学ぶ」ことの意味

塾・教職ニュース
新型コロナウイルスの感染拡大による休校は明けても、全体的な感染症の収束はまだ見込めていないのが現状。学校現場では学習の遅れをどのように取り戻すかに注力する教員も多くいることでしょう。このようなイレギュラーな状況で、学校が重視するべき点や考え方はどのようなことなのか、神奈川県公立小学校校長の住田昌治先生に話を伺いました。

住田昌治校長

住田昌治(すみた・まさはる) 横浜市立日枝小学校校長。ESD(持続可能な開発のための教育)を推進。学校組織マネジメントやサーバントリーダーシップなどの手腕に注目が集まる。著書に『カラフルな学校づくり:ESD実践と校長マインド』(学文社)『管理しない校長が、すごい学校組織をつくる!「任せる」マネジメント』(学陽書房)がある。

例年と異なる子どもたちへの対応

6月に学校が再開し、横浜市立日枝小学校では分散登校、午前中授業を経て、7月からは給食も再開して通常通りの時間割の授業になりました。子どもたちは学校に慣れて、生活リズムや体力もだんだんと戻ってきています。しかし、やはり子どもたちの様子は例年とは異なっています。

子どもたちは、例年は、新学期から4、5月と新しい学校生活を送って5月の後半あたりにはだんだんクラスに慣れていきます。しかし、今年は休業期間を挟んだため、その時期がずれ込んで今あたりに(7月下旬)慣れ始めて、授業も

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました