偏差値だけで決めてない?私立高校の受験校選びのポイント

幼稚園・小学校
中学3年生にとって、秋以降はどの高校を受験するのかを具体的にしていかねばならない時期。ところがどんな学校があって、どうやって選べばいいのか、今の時期にきちんと理解して志望校を決められる受験生はさほど多くはありません。公立高校を第一志望にするにしても、まずカギとなるのは私立高校選びです。この選択を正しくすることができるかで、受験戦略の成否は大きく変わってきます。そこで今回は私立高校の受験校選択について、押さえておきたいポイントを見ていきたいと思います。
 
“知っている高校”でも情報収集は必須
「私学無償化」の影響で、私立高校を積極的に選ぶ生徒も多くなっています。私立高校選びでありがちなのが、前から知っている学校の中から決めてしまうことです。例えば、家から近い、先輩や知り合いの進学先、クラブ活動の強豪校。何かのきっかけでなんとなく良いイメージを持ち、知っていると思っている学校です。このパターンで進学先を選んでしまうと、実際に入学してからイメージとの違いに戸惑ってしまうことも。悔いなく高校生活を送るための第一歩は、しっかりと情報収集することです。「知っている」学校でも、思い込みをいったん白紙状態にして、丁寧に調べ直してみましょう。なんとなく聞いていた情報と、通う可能性があると意識して集める情報とでは、大きく違いが出てくるものです。
 
学校見学では第一印象や直感も重

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました