【今週の1冊】2020年10月④『勉強の哲学 来たるべきバカのために 増補版』千葉雅也(文春文庫)

塾・教職ニュース
勉強するとはどういうことか?本書ではまず、この問いに対する一つの考え方を知ることが出来る。その後、勉強を進める過程がどのようになっているのかということと、それに基づいた勉強の手法が紹介されている。本書いわく、勉強するとはキモくなることだという。どういうことだろうか?簡単に言うと、新しいことを学ぶことで自分のノリが変化し、それまで所属していたコミュニティのノリに合わなくなって浮くようになるということだ。友達と話すときなどになんとなくノリが合わない感じがする、相手の発言に対して知識でツッコミを入れたらなんとなく場がしらけた、自分が好きなことの話になるとつい相手にしゃべる隙を与えないほどのマシンガントークをしてしまう…。こうした経験がある人も多いのではないだろうか?本書を読めば、これらの経験の正体を知ることが出来るだろう。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました