主婦にとってメリットが大きい働き方は?壁があっても賢く働く!

幼稚園・小学校
子供が幼稚園や小学校に入り、時間に余裕ができたから働きたい、という方もいるのではないでしょうか。ただ、今は夫の扶養に入っているけれど、扶養の範囲で働くには何を考慮したらいいのか分からないという方も多いことでしょう。
そこで今回は、いくつかの控除の壁に関する情報を踏まえた、主婦にとってメリットの大きい働き方を解説します。
主婦の希望の働き方とは
まず、主婦の方々にとっての理想の働き方はどのようなものなのでしょうか。マイナビの調査によると、小学校入学前においては正社員として働きたいという方が3割を超えていますが、全体的に見るとパートやアルバイトなどの非正規社員で働きたいと考えている人の方が比較的多いことが見えてきます。
(参照元:主婦のアルバイト調査|株式会社マイナビ)
パート主婦がぶつかる控除の壁
配偶者の扶養範囲内においてパートで働きたいと考えている場合、一般的に控除の「壁」と呼ばれるものが存在します。
この壁については、税制上と社会保険上の2つの定義が存在します。前者は所得税や住民税、配偶者および配偶者特別控除に関するもの、後者は健康保険や年金に関するものです。
では、実際にどのような区分があるのか見ていきましょう。表にそれぞれ簡単に分けてみると、以下のようになります。

税制上の扶養範囲
社会保険上の扶養範囲

100万円
106万円

103万円
130万円

15

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました