【コロナ禍での教育実習】 翻弄される教育実習生

未分類
「教師の卵」たちにも、コロナ禍は大きな影響を与えている。学校の一斉休校により、春に予定されていた教育実習のほとんどが実施できなくなり、文科省は8月、やむを得ない事情があれば今年度の教育実習の全部または一部を、大学の科目で代替できる特例措置を通知した。その結果、どのような状況が起きているのか。教育新聞では大学生の読者を対象にアンケートを実施し、今年度の教育実習の実施状況や教員志望者の意識を調べた。この特集の一覧 ・コロナ禍での教育実習教育新聞を購読する教員志望者にアンケートこの調査は、教育新聞を「学生割引」で購読している読者に9月7~16日の間、ウェブアンケートへの協力を依頼。教職課程を履修中の学生ら143人から回答を得た。学生の所属は▽国立 36.4%▽公立 2.8%▽私立 58.0%▽その他 2.8%――で、いずれも大学院生からの回答が含まれている。所属する学部の所在地は都内が最も多く28.7%で、次いで、南関東(千葉、埼玉、神奈川)が21.0%。これに北関東の2.1%を加えると、約半数が関東地方となる。

また、取得予定の教員免許状の校種を複数回答で聞いたところ、中学校が最も多く97人、次いで高校が90人、小学校が79人だった。特別支援学校は22人、幼稚園は18人だった。

次に、今年度の教育実習の状況について聞いた。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました