名画は子どもにも分かる!シリーズ250万部の「あーとぶっく」で、楽しみながらART教育のススメ

幼稚園・小学校
目次シリーズ250万部!最強のART知育絵本って?動物たちが大暴れ! 鳥獣戯画は人間様顔負けの動物スポーツ大会! ちょっと高尚でとっつきにくい名画。どうして身近に感じるの?親子で読み継ぐファンも! 小学館あーとぶっくシリーズとは・・・シリーズ250万部!最強のART知育絵本って?
有名なカエルとウサギの相撲シーン。『これが鳥獣戯画でござる』より
世界累計250万部の最強の知育絵本、小学館あーとぶっくシリーズをご存知でしょうか? このシリーズは、世界の名画、日本の名画を楽しみながら学べる絵本です。1993年刊行以来、毎年、版を重ねるロングセラーの美術絵本。なんと『ゴッホの絵本』は36刷り! 『ルノワールの絵本』は31刷り! びっくりするほどよく読まれているでしょう?
そのヒミツは、子ども目線で名画をのぞきこんで、楽しみながら、遊びながら読んでいけること。子どもの感性を磨き、好奇心を育てる素敵な絵本なのです。そしてそんなシリーズに、日本の国宝で最古のマンガと言われる「鳥獣人物戯画」が登場しました。その名も『これが鳥獣戯画でござる』。動物たちが大暴れする楽しい世界は、子どもも大人も楽しめる作品です。えっ、ママたちもよく知らなかったですって!? それならぜひ親子で読んでみてください。絶対、一生の宝になりますから。
動物たちが大暴れ! 鳥獣戯画は人間様顔負けの動物スポーツ大会! 
ウサギが飛

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました