【新年度】子どもにとって変化は負担  新しいハードルに注意しよう

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
進学・進級は、子どもたちには大きな変化。今までとは違う何かの連続。ドキドキワクワクがある一方、戸惑うことも多い。「なんで?」「どうすればいいの?」「違った?」予定外、予想外な変化は、不安やイライラの元。何度も続けば大きな負担。誰だって疲れる。集中できなくなる。クラスの雰囲気が悪くなる。だから教師は、新年度スタートに気を配る。その中で、気をつけて欲しいのが3年生。2年間の学校生活で、授業、給食、清掃、日直や係り活動など日々の生活が一通りできるようになった。学習用具の準備なども自分でできるようになった。全てが初めての1年生とは違う。また、4月早々から、委員会や登校班・たてわり班、学校行事の係り活動など責任を負う高学年とも違う。全学年を見渡すと、変化が少なく、教師が新たに指導することは少ない印象。でも3年生にも、新しいハードル(変化)がある。それを見落とすと負担をかけ続けることになる。子どもは8歳児、集中できる時間、我慢できる時間は短い。ハードルに何度も引っかかればパニックになる。そんなことにならぬよう、3年生のハードルを確認しよう。【ハードル①】3年生以降、算数に苦手意識をもつ子が徐々に増える理由は簡単。算数の学習内容は積み重ねでできている。例えば2年生の九九で8×7=56を覚えていない子には、3年生のわり算で56÷7は解けない。七の段を七一から暗唱してやっと七八にたどり着くようでは1

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました