違う言語で会話する

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
ヨーロッパを旅していていいなと思ったこと。例えばフランス、スペイン、イタリアの言葉はラテン語系で、同じ種類の言語なので、お互いがお互いの母国語を話すことで、会話が成立します。フランス人がフランス語で話すとそれに対してイタリア人はイタリア語で答える。でもお互いの意思疎通はちゃんと成立していて楽しく会話が出来る!こういうのは母国語が同じ種類だから可能なんだと思っていましたが、よく観察してみると、異種の言語でも成立している!イギリス人の旦那さんが英語で話しかけ、日本人の奥さんが日本語で返している。ポイントはお互いの言語への知識がある程度はあること、そしてリスニングがほぼ完ぺきに出来ること。リスニングさえ出来れば、話すのは母国語の方が楽ですものね。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました