「〜しなさい」と言いたくなった時はこう変換する【♯三行教育技術】

塾・教職ニュース
「〜しなさい」と叱りたくなってしまう時は、違う伝え方に変換できないかを考えてみましょう。広い視野とユーモアによってクラスの空気がよくなることで、結果として問題行動が根本から減っていくかもしれません。そのヒントとなりそうなアイデアを、#三行教育技術のツイートから集めました。

写真AC


【心が落ち着く魔法の言葉】子どもが、喧嘩などでおさまらない時に。僕は「ちょっと手伝って!」と声をかけます実際に、片付けたいものを運ぶ「力仕事」を頼みますすると、いくら怒っていてもスッキリ普段は重い、、、と言われるものも、軽々!正に魔法です#三行教育技術— せんちゃんT@プラス思考前進教師 (@senchan2020) July 31, 2020


《廊下を走る子への声かけ》「おっ!(発見)歩いてる歩いてる歩いてる、歩こうとしている、あるいてるあるいてる、いいぞー、アルイテルアルイテルアルイテル、、、、、」すると、徐々に歩き出します。こんなのもアリかなって思います。#三行教育技術— だいじょーぶ先生 (@teacher16694123) July 30, 2020


【真の指導とは】素晴らしい姿勢の子を褒めて気づかせ、足、お尻、立腰、顔の向きなど、親切丁寧な声かけをすることが「指導」であり、雰囲気もそのまま 逆に、一人の姿勢を注意すると、全体の雰囲気(

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました