小2算数「かけ算(2)」指導アイデア

塾・教職ニュース
執筆/福岡県公立小学校教諭・鬼丸舞編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏



本時のねらいと評価規準

[本時5/16]

ねらい既習事項を基にして、7の段の九九の構成の仕方を考える。

評価規準7の段の九九の構成の仕方を考え、表現している。[数学的な考え方]

問題場面

7のだんの九九を、7×1からじゅんにつくりましょう。



6の段の九九は、どのようにしてつくりましたか。

1つ前の答えに6をたしていきました。

(アレイ図を提示しながら)今日は、7の段の九九をつくりましょう。6の段の九九と同じように考えることができますか。

できます。

1つ前の答えに7をたしていけばよいと思います。

まず、問題場面と一緒にアレイ図を提示し、本時に7の段の九九をつくることをつかませます。次に、前時の6の段の九九を構成したときのことを想起させます。ノートを見返したり、前時に板書等で使用した図などを掲示したりするとよいでしょう。そして、1つ前の答えに7をたすという見通しをもとに、7の段の九九をつくるという学習課題につなげていきます。

本時の学習のねらい

今までの学習をいかして、7のだんの九九の答えを見つけよう。

自力解決の様子

A つまずいている子

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました