よくわからない料理用語をわかりやすいよう語源化

塾・教職ニュース
よくわからない料理用語をわかりやすいよう語源化
料理用語って、わかりにくいものも結構ありませんか?今回そんなわかりにくい料理用語をわかりやすく語源化したものが話題になっています。
よくわからない料理用語をわかりやすいよう語源化してみました
「少々」→別になくてもそこまで味に影響ないけどとりあえず気持ちいれろ
「ひとつまみ」→これくらい入れたら流石に味変わるやろと思うくらい指三本でつまんで入れろ
「適量」→自分が旨いと思うまで入れろ
「一晩置く」→寝ろ
— リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ (@ore825) May 12, 2021

少々とか適量とかは「最後の味付けはお前が決めんだよ、お前の料理だろ」という料理家の強いメッセージです
— リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ (@ore825) May 12, 2021

適量や少々とかで書かれる調味料は塩が一番多い、これはどういうことかというと食で一番好みがわかれるのが塩分だからです
学的にも男性は必要な塩分が多く女性は少ない
もうこれは好みなんすよ、料理研究家は好みまでは決められない
僕は塩分を強くして量を少なく食べるタイプです
— リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ (@ore825) May 12, 2021



googletag.cmd.push(func

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました