高1・高2生の模試の受け方(再掲)

塾・教職ニュース
 10 月に入って最初の指導日でした。夏が終わり、秋になると高 1、2 生は模試が続くようですね。記述模試、マーク模試など色々な形式があり、それぞれに有効な対策はありますが、あまり対策に時間を割くのはおすすめしません。最低限の大問構成だけ知った上で、素の実力を測るのが、模試のいい使い方です。 どうしても目先の偏差値や判定に気を取られやすいですが、受験はまだ 1年以上先です。今は対策ではなく、全てに通ずる基礎に重きを置きましょう。私の指導している生徒にも、模試でいい点をとりたいという子が多いですが、模試は実力を発揮する練習の場と思って気楽に受けるように伝え います。 とはいえ、せっかく実力を測るチャンスです。しっかりとコンディションを整えて模試に挑みましょう。どうすれば自分が良いパフォーマンスができるかを知るのも、大切なことです。 今度は模試が終わった後にすることを書く予定です。それではまた!模試頑張ってください!続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました