離乳食のぶどうはいつから?下ごしらえや冷凍保存、中期・後期・完了期の時期別レシピも紹介

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次離乳食にぶどうはいつから食べることができる?ぶどうを食べさせる際の注意点 離乳食のぶどうの下ごしらえ方法離乳食の時期別 ぶどうのレシピこんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。秋の味覚が美味しい季節です。秋の果物と言えば?ぶどうはその代表!一口サイズで手軽に口に入れることができるぶどうですが、赤ちゃんに与えるときはどうすればいいでしょうか?今日は、赤ちゃんにぶどうを与えるときの注意点やレシピを紹介します。
離乳食にぶどうはいつから食べることができる?
ぶどうは、離乳食中期ごろからがおススメです。最初は、細かく刻むか果汁からスタートします。
生でもいい?そのまま食べられるのはいつから?
大人は、ひと口で食べられ、とっても手軽に食べられるぶどうですが、赤ちゃんが生を食べる時には2つの心配があります。それは、アレルギーと衛生面です。アレルギーに関しては後ほど説明します。
ここでは、衛生面のお話をします。大人は皮ごと食べられるぶどうもありますが、赤ちゃんに食べさせる時は必ず皮をむき、種も取り除いてあげなければいけません。ぶどうの皮をむくときは、手や包丁を使うと思います。ですので、食中毒予防の面でも加熱したほうが安全です。赤ちゃんが成長し、ぶどうを食べ慣れてきたら生にチャレンジですが、清潔な包丁、まな板を使ってください。
離乳食で食べれるぶどうの種類
デラウエア
小さい粒の小ぶり

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました