英語は日本語に訳さない、英語は英語で考える〈シャイで人見知りな大人の初心者〉

塾・教職ニュース
英語でなかなか会話ができるようにならない。。。そう思っているあなたは、おそらく英語をいったん日本語に訳したり、日本語を英語に訳してから、英語を聴いたり、話したり、読んだり、書いたりしているのではないでしょうか。残念ながらそれを続けているうちは、いつまでたっても英語を話せるようにはなりません。英語を日本語に訳す、又はその逆も、英語を淀みなく話せるようになることの大きな妨げになります。英語を話す時は英語で考えて話す、または頭の中のイメージ、映像から、直接あてはまりそうな英語の言葉をとり出して話す、ということが、流暢に英語を話すためには不可欠です。■英語と日本語では使われる脳内の場所がちがう日本語を話すことと英語を話すことは、まったく別の行為であり、脳内でもそれぞれ別の領域を稼働させて行うことです。大脳に言語中枢という場所があるのですが、そこに言語野という領域がありまして、英語と日本語では別々の専用の言語野を活性化させて処理を行うらしいのです。中国語やフランス語やスペイン語など他の言語も同じで、それぞれの言語の領域で稼働するのだそうです。■英語と日本語の直訳は変になる翻訳アプリを使ったことはあるでしょうか?そのときになんだか変な感じの日本語に変換されたという経験はありませんか?また外国のYoutuberが動画のタイトルに日本語を付けたりする人がたまにいますが、その日本語がすごくヘンテコで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました