わが子が「問題児」と呼ばれたら。問題行動を起こす子どもたちの特徴と背景、対処法

幼稚園・小学校
目次「問題行動を起こす児童生徒」と呼ばれてしまう子どもたち問題行動を起こす子の原因は何か?問題行動を起こす子の予防や対応として、親ができることは?もしもわが子が問題行動を起こしてしまったらわが子が被害者・目撃者になった場合は、変わらぬ愛で落ち着いて接してわが子を問題行動のある児童生徒にしないためのポイントまとめ今の学校現場には、リーゼントヘアーに鉄パイプを持った「不良」など、分かりやすい非行が見当たりません。そのせいか、子どもたちと先生の世界は、外部から見ると穏やかに見えるかもしれません。
しかし、文部科学省の情報によると、例えば小学生の暴力行為は、このところ右肩上がりで増えていると分かります。もしも、わが子がそうした問題行動を起こす側になったとしたら、どうすればいいのでしょうか。今回は各種の公的な資料を基に、問題行動と問題行動を起こす子どもたちについてまとめてみました。
「問題行動を起こす児童生徒」と呼ばれてしまう子どもたち
問題行動を起こす児童生徒を、世の中には「問題児」と呼ぶ表現があります。辞書を調べると、「彼は会社の問題児だ」などと比喩(ひゆ)的な意味で大人にも使われる言葉だと分かりますが、本来の意味は子どもを表現する言葉です。
<教育上、特別の配慮を要する児童。特に、性格や行動の面で問題をもつ児童をいう>(小学館『大辞泉』より引用)
関連する言葉として、「特異児童」とい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました