公認会計士の検定試験&資格情報

塾・教職ニュース
(1)公認会計士とは! こんな人に、おすすめ! 公認会計士は、Certified Public Accountantを日本語に訳した言葉です。 その頭文字を取って、日本ではCPAという略称で呼ばれることもあります。 公認会計士は、主に上場企業の監査を行う独占資格です。 監査というのは、上場企業等の会計情報が適正に作成されているかどうかチェックすることです。 独占資格とは、その資格を持っていない人はその業務を仕事として行ってはならないと法律で決まっています。 そのため、監査を仕事にできるのは、公認会計士だけということになります。 また、公認会計士を取得した場合、申請をすれば無試験で税理士の資格も取ることができます。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました