「不正行為」は「正当防衛」であるかもしれない

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
※この記事を書いている私のスタンスは、基本的に「面白い・楽しいことだけやる」、「つまらないことはやらない」です。私はつまらないことは可能な限り「楽しくなるように調整」することで対応します。この調整のせいで迷惑をかけている人たちには申し訳ないと思っています。大学の授業で課題を出すと、他人のデータをコピーしたり、完全に写させてもらう、あるいはデータが出たことにして実験結果にはそれっぽいグラフを載せるなどの不正パターンがあります。これは、社会に出て一人で仕事を任されると、ほとんど意味がない能力にみえます。さらにはその写し作業をやる時間は全然面白くない、楽しくないと思います。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました