子供の前でマスクをしているからこそ大切にしたいこと【動画】

塾・教職ニュース
コロナ渦により小学校でも教師がマスクをして授業するのがすっかり定着しましたが、子供たちの前で常にマスクを着けているからこそ日々意識しておきたいことがあります。

今回は『教育技術』で毎月連載中の、木村泰子先生の「学びは楽しい2020〜すべての子どもの学習権を保障する〜第4回『マスクをしている目』」をトモ先生こと髙橋朋彦先生が実践して紹介してくれました。




マスクをしているときの「目」を笑顔にしたい!

今回は、コロナでマスクをしているからこそ大切にしたいことをみなさんと共有していきたいと思います。

『教育技術』の2020年9月号を買いました。私はiPadで『教育技術』(電子版)を読んでいます。全部素敵な記事でしたが、その中でも木村泰子先生の記事が特に素晴らしかったのでご紹介します。



その記事は、「学びは楽しい2020〜すべての子どもの学習権を保障する〜第4回」です。

木村泰子先生の連載は毎回素敵で、なんか優しい気持ちになったり、そうだなぁ⋯と思うことが書いてあって、毎回いろいろと考えるきっかけになります。今回は、マスクをしているときの『目』についてでした。



木村先生が胃カメラの検診に行って不安でいっぱいだったときのエピソードが書いてありました。そのとき対応してくれた看護師さんの目がとても優しくて、一気に不安な気持ちが安

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました