試験直前の勉強の仕方、過ごし方

塾・教職ニュース
こんにちは。かんぽっとです。今日はリクエストがありました、「直前期の勉強の仕方と試験前の過ごし方」についてです。😄試験前の勉強の仕方について。「①新しい知識は極力入れず復習を徹底し、②試験の型を骨の髄まで刷り込ませる」ことが重要です。①「新しい知識は極力入れず復習を徹底し」とは??新しい問題集や参考書に手を出してしまうと知らなかったことに出会ったときに、これもあれも覚えないといけないという観念に襲われ精神が不安定になる可能性があります。そもそもテスト範囲を完璧にしている人などほとんどいません。というか、語学は普通は終わりません。いかに基礎を押さえ、取れる問題を確実に取るかが合否や点数に関わるので復習メインで学習しましょう。また復習だと一度自分がやっている問題なので、精神安定にも繋がります。②「試験の形を骨の髄まで刷り込ませる」とは??勉強そのものというよりも試験にできるだけ近い環境に体をと頭を慣れさせる必要があるということです。これはとにかく過去問中心に、時間配分、頭の使い方などを何回も練習するということが大切です。試験内容だけでなく、指定された筆記用具、マークシートだったらマークシートを使う、お手洗いは先に済ませるなど実際の試験を想像して、精神状態も試験時の緊張感まで持っていけたらベストです。🤭試験直前の過ごし方私は当日は朝からBBCやCNNなどの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました