さすがにそろそろ親族/相続法をやるぜ?

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
自分なりに必死にもがき考えてきた予備試験や司法試験の学習方法。自分なりに徐々に、自分らしい学習方法ができてきた。以前、書いた通り、試験本番でやることを因数分解して、日常のタスクに落とし込む。それをやることにだけ集中していこうと思います。”法学”をやる時間はとれそうにない。特に付記したいのが、今回の予備試験の問題を実際の受験生とほぼ同じタイミングで解いた経験。体温のある情報を体温をもって触れることができた。その結果として感じたのは、やはり、条文と規範、判例の基礎知識の重要性なわけだが、それ以上に感じたのは、過去問の重要性と問題演習の重要性だった。問題演習をこなすことは、僕にとって、知識定着の効率化という観点からも良い。また、問題演習をすることで、自分の中で、文量を想定することができることも重要なメリットだ。僕は、考えるスピードと書くスピードが遅いので、それぞれ、トレーニングをするにしても、必要となる文量が頭に描けることは、試験の現場で、役に立つと思っている。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました