ここ最近のこと

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
何もすることが無かったので久々にこちらの方を書こうかなと… まあ内容はここ最近の振り返りみたいなことですが 10月から後期の授業日程が始まりました。今年は例の憎たらしいこと極まりないウイルスのお陰で登校再開が6月末になった関係上、実験教科は後期のみでやることになり、そのお陰で実験の時間が普通の時の2倍になりました。1週間中にある実験教科のコマ数は12になり、これは1週間の授業時間の3分の1になります。まあこの中には予習等の時間も含まれてるので実質実験する時間は週に6限分程度ですので、全部の時間ずっと実験してる訳ではないです。ただ個人的に1番辛くなった部分だなぁと思ってるのがレポート課題の提出頻度が増加したことです… 去年の3年生の時間割を見てみると、1つの実験教科の1週間の授業時間は2〜3コマでした。通常実験教科は1週目に2限分程度使って予習、2週目に2~3限分使って実験をして、実験から1週間程度後にレポート提出という感じです。つまりいつも通りなら1つの実験が完結するのに2週間はかかり、レポート提出も2週間に1回というペースになります。しかし、今回は実験教科の時間数が倍に増えた結果、予習と実験が大体の場合1週間で完結するようになりました。そのためレポート提出のペースも1週間に1回となってしまい、基本毎週レポート課題に苦しむようになったのです。しかもそれが2教科分なので個人的には前

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました