幼児期・児童期にもはぐくみたい「キャリア教育」とは? Vol.1そもそもどんな教育?

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次「キャリア教育」ってどんな教育?いつから子どものキャリア教育を考えると良い?キャリア教育の本質をどう捉えるか皆さんは「キャリア教育」という言葉を聞いたことがありますか?最近は「プログラミング教育」「道徳教育」などの新しい「●●教育」という言葉に押され気味ですが、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?
今回は、その「キャリア教育」とはどのような教育なのか、考えてみたいと思います。
「キャリア教育」ってどんな教育?
「キャリア」と聞くと、大人の場合は就職や学歴、昇進など「職業」の選択や決定、子どもの場合は、大学の学部選び、会社選びなど「進路」の選択や指導をイメージするかもしれませんね。いずれにしても、幼児期・児童期には早いように感じる方も多いと思います。
ですが、文科省・中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」では、「キャリア」または「キャリア教育」は以下のように定義されています。
 
●キャリアとは
人は、他者や社会とのかかわりの中で、職業人、家庭人、地域社会の一員等、様々な役割を担いながら生きている。(中略)人は、このような自分の役割を果たして活動すること、つまり「働くこと」を通して、人や社会にかかわることになり,そのかかわり方の違いが「自分らしい生き方」となっていくものである。このように,人が,生涯の中で様々な役

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました