大化の改新とはクーデターのことだった? 内容を分かりやすく紹介【親子で歴史を楽しむ】

幼稚園・小学校
目次大化の改新はいつ起こった?大化の改新はクーデター? 内容まとめ改新の詔に記された内容テスト対策は?覚え方もチェック歴史的な出来事もしっかり覚えよう藤原鎌足(中臣鎌足)ゆかりの談山神社
 
「大化の改新とは?」との質問に正しく即答できる人は、おそらくそう多くないでしょう。大化の改新に登場する主な人物は3人です。「一体何が起こったのか」「そこで表明された新しい政府の方針とは」といった疑問の答えを、分かりやすくまとめました。
大化の改新はいつ起こった?
大化の改新といえば、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう有名な歴史的出来事です。子ども時代に語呂合わせなどを利用して頭にたたき込んだという人も少なくありません。
まずは、大化の改新が起きた年代についておさらいしておきましょう。
645年、または646年とも
小中学生の子どもを持つ親世代では、大化の改新は「645年」と覚えている人が大半でしょう。これは間違いではないのですが、現在の学校では「大化の改新は646年の出来事」と教えられることがあります。
まず、大化の改新とは、645年から始まった一連の政治改革のことです。そして、革命の始まりとなったのは、蘇我氏が討たれた「乙巳の変(いっしのへん)」という事件だということを確認しておきましょう。
革命の要となる政治の基本方針「改新の詔(かいしんのみことのり)」が表明されたのが646

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました