名大合格体験記

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
名大に受かった際に学校から寄稿依頼された合格体験記をパソコンのファイルを整理していたら見つけたのでnoteに残しておきます。※各教科にどんな対策をしたのかについても詳細に書かれていましたが、「長い×面白くない×参考にならない」ので省略しました。大学受験は人生で最も1人で努力し続けた辛くもあったが良い思い出です。受験期は平日は毎日6時間(※授業を除く)、休日12時間勉強をしていました。大学で惰性的にならずに常に前向きに毎日を楽しく過ごせているのもこの受験を頑張ったという昔の自分への誇りがあるからだと自負しています。志望校(学部・学科・専攻)の決定時期・動機・理由について一年生の時、大学受験関係のHRの中で、東大・京大を含む旧帝大という括りがあるということを初めて知り、その中にあった中で一番静岡に近い名古屋大学を進路希望調査に書いてみました。学部はカッコよさそうという理由だけで経済。大学3年の6月に部活引退し、河合塾に入り初めて真面目に進路を考えました。塾の学力診断テストで国語が高校入学時レベルだと分わかり、二次で国語のない横国経済を勧められましたが、それまでの二年間適当でも第一志望にしていた名大経済に行きたくなり、決定。厳しい挑戦でした。※文章を読む前に僕は典型的な運動部・3年追い上げ型の人間です。勢いで合格した感があるので、勉強法や受験に対する考えを全面的に受け入れず参考になりそう

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました