教員養成のそもそも論-学問と実践

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
1. アンケート調査の目的と実施ならびに結果教員養成に関わる先生たちは、「教員養成課程では学問を学ばせることが大切です」「いや、もっと実践的でなくてはなりません」と議論しています。が、この議論において、学びの当事者である学生たちの受け止め方はどれほど考慮されているでしょうか。「教えた学問」「教えた実践」「教えるべき理論」「体験させるべき実践」は、履修した元学生たちにどう伝わったのでしょうか。本稿では、その「そもそも」の前提を扱いたいと思います。教員養成のあり方を学問として検討するのであるならば、当然、学び手の立場を考慮し、「何を教えるか」に加えて「どう教えるか」そしてそれが「どう学ばれたか」を検討するのが、学問的態度であると私は思うからです。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました