私の英語習得法 その3 ー発音練習ー

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
前回の記事で、語彙力よりも発音が大事ってことを書きました。もちろん語彙力を大いに要するお仕事や環境もありますし、ボキャブラリーが少なすぎてもこれまた困りますが、日常会話においてはそこまで難しい英単語はあまり使わないし、やはりいかに言いたいことが伝わるかが鍵になってきます。私の場合、発音力向上の最初のステップに欠かせなかったのが発音概論でした。辞書で英単語を調べると、発音記号が記載されてますよね?それらを発音する際に、舌をどこにおくとか、口をどのような形にするなどといった、いわば発音のコツのことです。例えば、Apple[ǽpl]。「アップル」と発音しがちですが、ǽは「エア」と発音します。そして、英語では語尾をはっきり発音しませんので、よりネイティブに近い発音にしたければ、「エアッポー」です。A=「あ」と思いがちですが、実際には数種類違う発音があるんです。”英語 発音”とググると沢山情報が得られるので、是非調べてみてください。他にも日本人が特に苦手とするRを発音する時は、舌先を上顎につかないように巻く、Lは上前歯の裏に軽く置く、THは前歯で舌を軽く噛む感じなど。実際にはもっとありますが、これらを理解した上で発音を練習すると結果が全然違います。初めのうちは面倒かもしれませんが、とにかく身近で簡単な英単語やフレーズから、ゆっくりスローモーションみたいに発音することから初めてみてください。発

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました