オンライン授業【教育用語】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
新型コロナウイルス感染症の拡大により、「オンライン授業」が注目されるようになりました。教室に行かなくても授業ができることに利便性を感じる人もいれば、子どもたちが感じる「オンライン疲れ」に頭を抱えている先生もいます。教育のデジタル化が進んでいないことを実感した人も少なくないことでしょう。そこで、今回は「オンライン授業」を取り上げます。

執筆/筑波大学特任研究員・田中 怜



同時双方向型とオンデマンド型

オンライン授業の定義は様々ですが、①同時双方向型(リアルタイム配信型)②オンデマンド型(課題配信型)の2つに分けるのが一般的です。

同時双方向型とは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器を使用して、相手とリアルタイムで互いにコミュニケーションをとる方法です。教室の中で行われている先生と子どもの「対面授業」を、そのまま電子空間に移動させるイメージです。

一方、オンデマンド型とは、授業の資料やあらかじめ撮影しておいた授業動画をネット上にアップロードし、子どもたちがそれぞれダウンロードした資料で学習を進める方法です。自分のリズムに合わせて好きな時間に映像を視聴しながら勉強ができるスタイルです。

オンライン授業のメリット

2020年3月、日本中の学校で休校措置がとられ、対面式の授業が実施できないという未曽有の事態が発生しました。その

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました