私と英語と学生時代

塾・教職ニュース
小学生の頃から古典文学とか日本史が好きだった。図書室にあった歴史漫画を端から端まで読み漁り、小学5年生にして「いつか枕草子を原文で読んでみたい!」というレベルまで進化した。小学6年生の冬、中学受験を終えた時に母が「何処でも好きな所に連れて行ってやる」と言った。言ってから母は「しまったなぁ、『イタリア行きたい!』とか言われたら家計が苦しくなるなぁ。」と思ったらしいのだが(後日談)、当時小学6年生の私が行きたいと告げたのは厳島神社だった。なんと親孝行な娘か。とにかく海外にはこれっぽっちも興味がなく、中学生になっても「私は生涯日本で生きていくから英語なんてどーでもいいもん!」というスタンスで生きてき

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました