私と英語と学生時代

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
小学生の頃から古典文学とか日本史が好きだった。図書室にあった歴史漫画を端から端まで読み漁り、小学5年生にして「いつか枕草子を原文で読んでみたい!」というレベルまで進化した。小学6年生の冬、中学受験を終えた時に母が「何処でも好きな所に連れて行ってやる」と言った。言ってから母は「しまったなぁ、『イタリア行きたい!』とか言われたら家計が苦しくなるなぁ。」と思ったらしいのだが(後日談)、当時小学6年生の私が行きたいと告げたのは厳島神社だった。なんと親孝行な娘か。とにかく海外にはこれっぽっちも興味がなく、中学生になっても「私は生涯日本で生きていくから英語なんてどーでもいいもん!」というスタンスで生きてきた。その結果、英語の成績がどうなったかは言うまでもない。大学受験は、高校3年間で取り返すことができなかったボロボロの英語力を、国語と日本史でフォローすることでどうにか乗り越えた。国文学と日本文化をこよなく愛し、大学では幾多の時代の国文学を勉強し(必修だったし)、最終的には江戸文学を研究するという名目のもと、吉原の研究に没頭した。大学2年を迎える春、家族でハワイに行こうという話になり、生まれて初めて海外旅行を経験した。その時は渋々という感じで、行ってみての感想は「海外旅行も悪くない。」くらいだった。しかしこれを機に、一度くらい友人と海外旅行をしてみるのも良いかもと思うようになった。そこで大学卒業

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました